うつ伏せで寝ているあなた、肩こりをこじらせていませんか?実はうつ伏せ寝は肩こりに良くないと言われているんです。どうしてうつ伏せは肩こりに悪いのか?、肩こりに良い寝方を紹介していきます。

f:id:suimin-bouya:20170312175601j:plain 

  • うつ伏せ寝が肩こりを悪化させる理由
    • 寝返りが打ちにくい
    • 呼吸が浅くなり疲れが溜まる
    • 身体に負担がかかる姿勢
    • じゃあ横向きは?
  • 肩こりを治す寝方
    • 肩こり解消には仰向け大の字!
  • その他の対策
    • 自分に合った寝具を使う

  

うつ伏せ寝が肩こりを悪化させる理由

人によって寝やすい寝方があると思います。腰痛やいびきの改善になるとも言われるうつぶせ寝ですが、肩こりを悪化させる原因となります。その理由はなんなのでしょうか?

 

寝返りが打ちにくい

実は寝返りには身体のゆがみを治すというすごい効果があります。うつ伏せでは首を横に向けて寝るため寝返りが打ちにくくなり、十分に寝返りが打てないことで身体にゆがみが生じやすく肩こりの原因となります。

 

呼吸が浅くなり疲れが溜まる

うつ伏せになることによって胸が圧迫されて呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると酸素を取り込む量が減ってくるので、睡眠の質が下がり疲れが溜まります。この疲労の蓄積が肩こりをより進行させてしまうのです。

 

身体に負担がかかる姿勢

首を横に向けることによってねじれた体制になり、頸椎・背骨・肩に負担がかかると言われています。

 

じゃあ横向きは?

横向きで寝ることで片方の肩に体重がいくので、血行が悪くなり肩こりを進行させてしまいます。

 

肩こりを治す寝方

肩こり解消には仰向け大の字!

仰向けは一番身体に負担が少ない姿勢であり、仰向けで呼吸が深くなることによって体の血行が良くなり疲労回復を促進します。肩こりの軽減・解消効果が期待できる寝方です。両腕をバンザイのように上げて寝ると肩こりに効くように感じるそうですが、逆に肩こりを悪化させてしまうので要注意です。一番肩こりに効くのは、体をリラックスさせた状態で寝られる仰向けで大の字に寝ることなんだそうです。肩こりにお悩みでしたら一度試されてみてはいかがでしょうか?

  

その他の対策

自分に合った寝具を使う

イケヒコ 布団カバー 3点セット 無地 リバーシブル 『リバSカバー3点IT』 ダークブラウン/ダークベージュ シングルロング

身体に合わない寝具は寝ている間中不自然な体制が続くことから身体の負担となり肩こりの原因となってしまいます。肩こりの原因は人それぞれですが、寝具が原因の場合は枕やマットレス(敷布団)を変えるだけで肩こりが解消されることもあります。

 

当てはまる点はありましたでしょうか? 肩こりにお悩みの方は、寝ている時の体制や寝具を見直してみてみると良いと思います。