f:id:m_uta:20151202231605p:plain
download from プリ画像

スヌーピードロップスっていうスマホゲーム知ってますか?
もうすぐ、3D映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」が公開されるというのもあり、
スヌーピー関連盛り上がってますよね。

インストールしたのはいつだったかな?半年も経ってないはずだけど。。。
妻から「面白そうなゲームあるよ」と教えてもらって、
むしろ僕の方がハマるといういつものパターンw
インストールしてからほぼ毎日やってました^^;

このゲーム、アップデートでステージがどんどん追加されていくので、
(運営がアップデートを止めない限り)「クリア」という概念は無いのですが、
現時点(2015/12/02)の最終ステージが540。

というわけで、これは最新アップデートに追いついた記念のエントリです。

パズルを解くコツはいろいろ紹介されていますが、
運の要素も結構あるので、一番大事なのは根気ですよ!!
あと、ムキになって課金しすぎないようにw
ステージ540まで無課金、アイテム使用なしですよ^^

さて、ここからはネタバレを含むので閲覧は自己責任でお願いします。









ステージ540はこんなステージ。

f:id:m_uta:20151202221245p:plain
ゼリーを全て消しましょう!

で、クリアするとマップクリアの会話イベント。

f:id:m_uta:20151202221246p:plain
f:id:m_uta:20151202221247p:plain
f:id:m_uta:20151202221248p:plain
f:id:m_uta:20151202221249p:plain
f:id:m_uta:20151202221250p:plain
f:id:m_uta:20151202221251p:plain
f:id:m_uta:20151202221252p:plain
f:id:m_uta:20151202221253p:plain
f:id:m_uta:20151202221254p:plain f:id:m_uta:20151202221255p:plain f:id:m_uta:20151202221256p:plain f:id:m_uta:20151202221257p:plain
f:id:m_uta:20151202221258p:plain
f:id:m_uta:20151202221259p:plain
f:id:m_uta:20151202221300p:plain f:id:m_uta:20151202221301p:plain
f:id:m_uta:20151202221302p:plain
「将来の夢は「口達者」なんだ」。。。
それ以上達者になってどこを目指すんだい?w

f:id:m_uta:20151202221303p:plain
マップがアップデートされるまでしばらくおあずけ。
きっと、他のことに時間を有効利用できるはず。

さてさて例の喧嘩は落ち着きまして、最近は平穏な日々です。

 

今日は先日無くなった大きな仕事のその後について書きます。

 

新たな方向を模索すると書きましたが、結論から言うと「受注して作っていたものを自分で作って売ろう」という方向に決まりました。

これまでは一つの商品を作る事が私の役目でした。その商品のクオリティを良くするために頑張っていました。

そしてその対価を支払ってくれるクライアントがいました。

私はその商品を作るためにかかる原価の一つだった訳です。

しかしそのクライアントがこの商品を原価以上で売る事が出来なかったので商品を作る事をやめることにしました。

しかし私はこの商品のクオリティを維持してきた立場として、商品そのものに自身はありました。売れないのではなく売り方が間違っているのでは?とずっと思っていたのです。

 

だから自分で売ってみようと思った訳です。

 

それまでさんざんクライアントがこの商品を売るために営業していた事は良く知っています。

ただいつも傍から見ていて感じたのは、自主的に商品を売っていないという事でした。そもそも本業が別にある会社の新規事業の一つであり、その会社にとっては未知の分野でした。

集められたメンバーは当初から「なんで俺がこんな事業のメンバーに…」という雰囲気をずっと出していました。

そしていざ営業してみて売れないと「時代に合っていない」とか、「先行の牙城は崩せない」とか。ことあるごとに口から出るのは成功する訳がないと言うマイナスの言葉でした。

営業の仕方や環境は色々あったとは思います。

でも根本的な問題は集まったメンバーがこの商品は売れると誰も信じていなかった事にあると私は思っています。

会社に「やらさせている」感じ。

矛先は私にも向けられる事がありました。商品のクオリティなんてはっきり言って営業には関係ないという事さえ言われました。

 

私だったら売れる、いつかその時が来たら…とずっと考えていました。

もちろん成功を信じる気持ちだけではどうにもならないかもしれません。でも信じられなければ彼らと同じ結果になるでしょう。

1年後を楽しみに頑張りたいと思います。

学生さんたちはそろそろ夏休みにはいった頃でしょうか。

さいきんのわたくしはこの夏の過ごしかたをいっしょうけんめい考えています。

社会活動として仕事をうけもっているのでたくさんお休みがあるわけではないですが、自分なりに充実した成長する夏にしたいです。

f:id:hanayacco:20160727134748j:plain

汗をかかずにちまちま出来る手芸をしたいので手のひらサイズの小物づくり。

羊毛のとまと、ねこ、真ん中は毛糸ぽんぽんの…ねこ?

敷いてあるのはかぎ編みのベストになる予定。

これは90枚ぐらいモチーフを編まないとだからけっこう大変だけどちまちまがんばって夏が終わるまえに着たいです。

 

f:id:hanayacco:20160727140613j:plain

夏の過ごしかたの参考にするために買ってきた暮しの手帖。

この本を読むとぴっと背筋がのびるからたまに買って「よし!毎日をていねいにやってやるぞ!」と気合をいれています。

暮しの手帖は秋から冬の号が好きで夏はあんまり手にしたことがなかったけど、夏の大掃除のしかたとかサラダのいろいろがのっていて試そうとおもいました。

夏が苦手だから海も行かないしどこにも行かないしひょろひょろのもやしのように毎年すごしていたけれど、この本をしっかり活用してもやしなりにいっしょうけんめい楽しみたいです。

 

f:id:hanayacco:20160727141802j:plain

ある夜、とつぜん絵を描きたくなって描いた絵。

おとめっぽいのが描きたくて「おとめってなんだろう?」と考えたところ、「たぶん女の子とお花と動物をミックスするとおとめっぽい」と結論がでてなんとなく。アリスのチェシャ猫みたいなのも描いた。題名は「ふつうの国のありす」

楽しかったからまた描いてみよう。4月にすごく欲しくなって買ったほぼ日手帳だけど、全然使ってないからお絵描き帳にすることにしようっと。

 

 

花やっこ「こうして自分のしたことをならべてみるとずいぶんとまとまりがないようだから、どうなのかなーと思うけどまあいっか。手芸だけじゃなくてピアノを弾きたいしギターの練習もしたいんだ。やりたいことたくさんあってとってもあせる!でも、だいじょうぶ。暮しの手帖をよんで地に足をつけてしっかり生きていくよ。ぼんやりタイムが多すぎるから、その時間を実のある時間に変えていくんだ!!」

 

 

 

 

 

 

 

ピンクハッピーショッピング〜♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150915225542j:image

ジェラートーニ:「お客さん!彼女できたんだってぇ〜?今日はおススメのネックレスあんだよ〜♪300万(300円)」

アザラシさん:「ええぇ!!全部宝石なんですか!?」

f:id:pinkstrawberryflavor:20150915225556j:image

ジェラートーニ:「ビーズっていう宝石よ〜。」
アザラシさん:「じゃあ!ください!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20150915225604j:image

ジェラートーニ:「250万(250円)の指輪もオススメよ〜!」
アザラシさん「み!見えません!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20150915225619j:image

うさぎの女の子:「騙されたのね!!」
アザラシさん:「!!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20150915225628j:image

アザラシさん:「騙されただ〜(ノ_<)」

f:id:pinkstrawberryflavor:20150915225637j:image

サマーランドのお土産でした〜♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150719140757j:image

ポチッとクリック投票お願いします(≧∇≦)
↓↓↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

いつもポチ!ありがとうございます♪

ちょっとダークなネコちゃんラインスタンプ販売中♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150626231246j:image

もしっ!気に入っていただけましたら♪是非!使ってください(≧∇≦)
「ダークなピンクにゃん」
かわいさを最大限に利用するダークなねこちゃんスタンプ。おしゃれとお菓子とねずみのぬいぐるみが大好きな猫ちゃんで、りすのようなモフモフしっぽがトレードマーク。
ストアURL↓
http://line.me/S/sticker/1093762

A Taste of Honey名曲集とカバーなどです。

 

Classic Masters - A Taste of Honey

Classic Masters - A Taste of Honey

  • アーティスト: Taste of Honey
  • 出版社/メーカー: EMI Special Products
  • 発売日: 2002/01/29
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

今夜はブギ・ウギ・ウギ

今夜はブギ・ウギ・ウギ

  • テイスト・オブ・ハニー
  • R&B/ソウル
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

今日はコナンから名言を。

 

「アホ!!!

命に人のも自分のもあらへん!

奪ったらアカン大事な物や‼︎

それを絶つアホはみんな人殺しと同じやねんで‼︎

なんぼそれが自分の物でもな!!!」

 

by 名探偵コナン 28巻

     服部静華

 

服部平次のお母さん、静華さんの言葉です。

 

命に、誰のものなんてない。

 

だから、自殺するなんてことは人殺しなんだと。

 

素晴らしい。

 

自分の命は自分のものだから、どうしたっていい。

 

そう思う心から自殺が生まれるのだ、と。

 

ぜひ一度この言葉を聞いて考え直してもらいたい。

 

というより、この言葉を日本国民全員に知ってもらいたい。

 

自分の命も、他人の命も、決して粗末にしてはならない大事なもの。

 

しっかりと、自分のことも、相手のことも考えよう。

 

みんなの命なんだから。

 

Minute By Minute

Minute By Minute

  • アーティスト: The Doobie Brothers
  • 出版社/メーカー: Rhino/Warner Bros.
  • 発売日: 2009/07/14
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

The Very Best of The Doobie Brothers by Rhino 【並行輸入品】

The Very Best of The Doobie Brothers by Rhino 【並行輸入品】

  • アーティスト: The Doobie Brothers
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2007/02/13
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

近くに私立の中高一貫校が二校あります。

レベルの高い学校です。

入学式に向かう親子はすごく嬉しそうです。

そうだろうな~と思います。

公立の高校もあります。こちらも上位校。

そっちへ向かう親子も嬉しそう。だよね。

近所に住んでいる人も子どもが高校に入学して、それぞれ親子で歩いています。

4学年上の人を見る限りではあまりピンとこなかったのに、3学年上の人の制服姿を見るとなんだかドキドキします。

我が家はどうなるんだろう・・・って思うからです。

制服を見ると学校がわかるから、偏差値ランクを背負っているように感じてしまうのでしょうね。

あと2年8ヶ月という期限ある時間の中で、どれだけ理解し暗記し書き出すことができるかというレースに乗っかっているわけです。

そういう人間の一部分の能力を競うようなものですけど。

こんばんは。集中力が完全に崩壊したしよりです。

更新も忘れてお布団なう。

iPhoneから更新。

 

今日はなんか、もうだめで。

午前中がんばったけど、もう無理や…ってなってドライブ行ってました。

ほんとダメやなぁ。

 

でも、気分転換できたので明日は頑張れそうです。

 

体力の限界なので、寝ます。

おやすみなさい。

明日は図書館に行きたい。

 

アメリカのパルがカードに手紙を書いていた。

いつものように、カードにびっしり、それ以外にメモ帳3枚挟んであった。

そのカードがきれいで、素敵だった。

中には、ジョルジュ・サンドの格言。

「愛し愛されることこそが、人生の唯一の幸福」。

ジョルジュ・サンド、ショパンの恋人というイメージだったけれど、

リストとも関係を持っていたと知った。

すごいなぁ…歴史に名を残すピアニストたちの恋人だったとは。

彼女の著作は全く読んだことなかったけれど、著作の一つ『愛の妖精』は

児童文学に位置するらしいので、私も読んでみよう。


にほんブログ村